Japanese Civilization Institute

お知らせ

日本文明研究所 2017 第9回シンポジウム

国民国家のリアリズム ――新しい世界秩序の組み替えのなかで日本は何を拠り所にしたらよいのか

アメリカではトランプ大統領が誕生して自国第一主義を貫こうとし、イギリスもEU離脱を決め、グローバル化により崩れかけたように見えた国民国家の枠組み、ナショナリズムの力が強まり、世界秩序は揺らいで見える。北朝鮮によるICBM開発の脅威も不安を煽りたてている。
そのなかで安定政権と思われていた安倍一強体制が揺らぎ始めている。
安倍首相は憲法改正に政治生命をかけているが、果たして憲法改正はできるのか。都議選での都民ファースト躍進など、自民党政権に対する不信は払拭できるのか。
日本文明研究所設立時の第一回シンポジウム「戦後70年を迎えて〜日本文明の特徴とは」のパネラー、田原総一朗氏に加え、気鋭の国際政治学者三浦瑠麗氏、当研究所所長の猪瀬直樹によるディスカッション、いよいよ日本文明研究所は3年目に突入します。

シンポジウム登壇者

田原 総一朗(ジャーナリスト、評論家)

三浦 瑠麗 (国際政治学者)

日時 : 2017年8月21日(月)
   19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール
定員 : 100名(抽選)
参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いください)

※日本文明研究所は年会員の募集を行なっております。
年会費5000円で年4回のシンポジウムに優先的に無料で参加できます。猪瀬所長のサイン本のプレゼント等、特典多数。入会ご希望の方は下記のシンポジウムお申込み先フォームよりお手続きお願いいたします。
※当日の会の様子はニコニコ生放送の中継でご覧いただけます。(予約と視聴には無料のニコニコ動画会員登録が必要です)

お申し込みは終了しました
   

過去のシンポジウムの様子

お知らせ一覧

日本文明研究所とは?

日本は独特の歴史、宗教、文化をはじめとして、固有の文明を形成してきました。
サミュエル・ハンチントン博士は、その名著『文明の衝突』で中国文明とは異なる日本文明を新たに位置づけています。
本財団は、日本自身が認識していない日本のアイデンティティ=個性として、相互に関連する次の5つのカテゴリーの研究を深め、日本文明の研究と伝承を行うと同時に積極的な国内外への発信を行って参ります。

  • 思想・哲学・倫理領域
    日本思想、やまとごころ、和の精神
  • 経済経営領域
    老舗
  • 工芸・技術領域
    美術、工芸、ファッション、
    ポップカルチャー、建築、テクノロジー
  • 医療領域
    漢方、和食、医食同源
  • 総合領域
    政治、宗教

これらの研究を深め、啓蒙活動を通して日本および世界の未来の平和と継続的発展へ貢献することを目的と致します。

所長からのメッセージ

猪瀬直樹

世界史の流れのなかでヨーロッパが唯一、近代化のモデルをつくりあげたとされている。だがヨーロッパ以外で日本だけ、それに拮抗する独自の近代化の過程を歩み先進国となることができた。
日本列島は災害列島と呼ばれるほど洪水、噴火、地震、津波に襲われてきた。だが、清らかな水に恵まれ、爽やかに四季が訪れ、人びとの気質も緩やか、創意工夫に熱心でかつ勤勉、独自の文明を築いてきた。
経済や人的交流がよりグローバル化するなかで、日本と日本人には自分たちの拠り所についてより深い洞察が求められている。他の文明を受け入れる寛容な精神は、己れを知るところからはじまるのである。
国際社会で日本の果たす役割はますます重要になるだろう。日本文明研究所は有為の人材が切磋琢磨できる場所として誕生する。

財団概要

財団法人日本文明研究所
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町24-5
TEL : 03-5456-8082
FAX : 03-5456-8388
Mail : info@japancivilization.org

理事長 都築仁子
会長 後藤俊夫
所長 猪瀬直樹

 

Map

ニューズレター

日本文明研究所のニューズレターは、こちらからご覧いただけます。