Japanese Civilization Institute

お知らせ

日本文明研究所 2017 第8回シンポジウム

禅とマインドフルネス

戦前に英文で書かれた鈴木大拙『禅と日本文化』により、禅は世界で独自に展開した。
21世紀に入ってからは米シリコンバレーで「マインドフルネス」として急速に普及し、グーグルはじめ著名企業の社員研修プログラムにも組み込まれるようになった。仏教の禅と世俗的文脈でのマインドフルネスの相違を踏まえながら、あらためて日本文明にとって禅とは何かを考えたい。
曹洞宗国際センター所長で、17年間米国にて坐禅指導、マインドフルネスを西洋に普及することに貢献したティク・ナット・ハン師やジョン・カバット・ジン氏と親交を持つなど禅とマインドフルネス双方に精通する藤田一照師、脳科学とマインドフルネスを基にGoogle本社が開発した社員研修プログラムを日本企業に提供する社団法人MiLI(マインドフルリーダーシップインスティテュート)創立者の木蔵シャフェ君子理事を登壇者に迎え、パネルディスカッションを行う。

シンポジウム登壇者

藤田 一照(曹洞宗僧侶、国際布教使、曹洞宗国際センター2代所長)

木蔵シャフェ君子(一般社団法人MiLI理事、創立者)

日時 : 2017年5月26日
   19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール
定員 : 100名(抽選)
参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いください)

※日本文明研究所は年会員の募集を開始いたします。
年会費5000円で年4回のシンポジウムに優先的に無料で参加できます。猪瀬所長のサイン本のプレゼント等、特典多数。入会ご希望の方は下記のシンポジウムお申込み先フォームよりお手続きお願いいたします。
※当日の会の様子はニコニコ生放送の中継でご覧いただけます。(予約と視聴には無料のニコニコ動画会員登録が必要です)

お申し込みは終了しました
   

過去のシンポジウムの様子

日本文明研究所 2017 第7回シンポジウム <特別対談>

磯田道史と語る江戸のイノベーション
~「直虎」以降、改革者の系譜~

戦国時代から江戸時代へ、日本は動乱から独自の平和的秩序を築いた。
江戸時代は封建社会であっても高度に発達した市場社会となり、黒船来航後に欧米の近代的制度と接合することができたのである。
歴史家・磯田道史と日本文明研究所所長・猪瀬直樹との対話を通して、現在に至る日本人のイノベーションに関わる歴史的背景を探求する。

日時 : 2017年2月7日
   19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール

お申し込みは終了しました
   

日本文明研究所 2016 第6回シンポジウム

日本人にとって皇室とは?
~譲位(生前退位)を巡って~

天皇陛下の「譲位(生前退位)」に関するビデオメッセージは、国民に大きな衝撃を与え、海外メディアも、陛下のお気持ちや皇室典範の改正問題に触れながら速報する等、その関心の高さを示した。
日本人の意識の根底には、悠久の歴史を通じて連綿と受け継がれてきた天皇、皇室を、民族及び国家の中心的な存在として敬う心がある。本シンポジウムにおいては「万世一系」の系譜は、今後、どのように維持されるのか、皇位継承問題を含めて日本国民と皇室との関係性を様々な角度から検証する。

日時 : 2016年11月28日
   19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール
   (約100人収容)
定員 : 70名(抽選)
参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いください)

お申し込みは終了しました
 

日本文明研究所 2016 第5回シンポジウム

グローバル化と日本
〜英国のEU離脱と米大統領選挙を踏まえた今後、日本が進むべき道〜

日本は、古来より外部の環境の変化や圧力に対し、柔軟かつ堅実に国を存続させることで発展を遂げてきました。英国のEU離脱など、ますます混沌とする世界情勢の中、11月に予定されている米大統領選挙の動向も日本の政治経済外交へ大きな影響を及ぼすでしょう。本シンポジウムでは、今後、我が国が進むべき道について、最新の世界情勢と日本文明、歴史を重ね合わせながら、議論を深めていきます。

日時 : 2016年8月24日19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール(約100人収容)
   150-0031 東京都渋谷区桜丘町25-17
参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いいただきます)

お申し込みは終了しました
 

日本文明研究所 2016 第4回シンポジウム

日本酒はなぜうまいのか?
~和食が世界をリードする~

人間の味覚には「甘み」「苦み」「酸味」「塩味」にプラスして「うま味」が存在します。 和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたのは、「うま味」が日本の食文化の歴史の中で 発見、育成されたからでもあり、日本酒がワインと肩を並べる日も間もなくでしょう。今回は、海外でも人気の日本酒「獺祭」の蔵元、旭酒造株式会社の桜井博志社長、古事記の 研究でも知られる作家の竹田恒泰氏、長年麹菌の研究に携わってきた北本勝ひこ日本薬科大学特任教授を交え、日本人と麹の奥深い関わりについて幅広く議論していただきます。

世界市場でワインと勝負する粋な日本酒「獺祭」を来場者にお裾分けします。『日本酒はなぜうまいのか?』獺祭の桜井社長と明治天皇の玄孫・竹田恒泰、麹菌研究者の北本勝ひこ教授が激論。猪瀬直樹が参戦!

当日、開場では20歳以上でご希望の皆様に朝日酒造株式会社様から差し入れの「獺祭」の試飲を提供いたします。

日時 : 2016年5月24日 19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール(約100人収容)
   150-0031 東京都渋谷区桜丘町25-17

参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いいただきます)

お申し込みは終了しました
 

日本文明研究所 2016 第3回シンポジウム(特別講演会)

日本の歩むべき道 ~小泉純一郎元首相が語る日本文明の未来

道路公団民営化、郵政民営化等で、所長の猪瀬直樹と共に、大胆な行政改革、規制改革を成し遂げることで、この国の形を変えてきた小泉純一郎元首相をお招きし、これからの日本文明のあり様について、さまざまな角度から議論を深めていきます。

日時 : 2016年2月8日 19時~20時30分(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷大学院246ホール(約100人収容)
   150-0031 東京都渋谷区桜丘町25-17

参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いいただきます)

 

お申し込みは終了しました
 

日本文明研究所 2015 第2回シンポジウム

日本文明と地方創生

少子高齢化による規模縮小という日本経済が抱える最大の課題は、人口減が加速する地方においては深刻な問題となっています。本研究所では、地方創生担当大臣の石破茂氏と英国人アナリストのデービッド・アトキンソン氏、前農林水産審議官の針原寿郎氏という論客をお招き、日本のアイデンティティを活かした地方創生のあり方をテーマに、各人の専門領域を踏まえ、幅広い知的対話を展開いたします。

日時 : 2015年12月8日 19時~21時(18時30分開場予定)
会場 : 日本経済大学東京渋谷キャンパス246ホール(約100人収容)
   150-0031 東京都渋谷区桜丘町25-17

参加費 : 2,000円(当日、受付にてお支払いいただきます)

 

お申し込みは終了しました